絵日記 小林可夢偉を応援するBLOG ガラス系ボディーコートを施工
FC2ブログ

小林可夢偉を応援するBLOG

1987年からF1を見ているオッサンです

ガラス系ボディーコートを施工

161002 (1)

予約していたボディーコートを行いにイエローハット北六甲店に朝一行きました

161002 (2)

一旦帰宅し15時前に出来上がったとの連絡が、施工時間は約5時間でした
撥水が何年持つか今後検証したいですがとりあえず艶は合格だと思います
事故時に板金塗装の保険請求に必要な証明書を発行してくれました


161002 (3)

それにしても新車の匂いってイイですね!
かつての愛車アコードもファンカーゴもアクセラも全く同じ匂いだったなぁ
後は娘と帰宅だけですが納車後初めてなので少し走ります、インプレッションを!
やはりこのクルマのトピックはこの1.7トンもある車重を感じさせない1.5Lターボ
エンジンの元気な走りに尽きますね
遮音材も前モデルより増やしているらしく静かで軽やかに走ります


161002 (6)

※この画像は下記本文のコーナーのものではありません

それでは足回りの評価をすべくベンチマークにしている近所の
下りブラインドコーナーでコーナーリング性能のテストを行います
前に載っていたアクセラは60キロ以上で進入しても全く余裕でした
しかし前々に載っていたファンカーゴでは35キロまで減速しないと
40キロでは曲がりきれませんでした
去年ゴルフに行く時に借りたヴォクシー(70系)もそれ位でした
ステップワゴンは50キロで進入しましたがロールせず余裕で抜けれました
まだまだ行けそうです
同じ背高ミニバンでもトヨタと違い明らかに低床技術が効いていますね
2トン超のアルファード・ヴェルファイアはコーナーでどんな挙動なんでしょうか
しかしちょっと遅いクルマを追い抜こうとするとセンシングが警告しまくって
くるので今度の車はあまり飛ばす気がおこらないです(笑)


161002 (4)

まだ全く理解できていないホンダインターナビ
走っていると兵庫県南部地方に雷注意報が発令されましたとか速報が
流れます(笑)
そういえばCDをいれると自動でハードディスクに記録され次回からは
CD無しで聞けますよって営業さんが言っていたのを思い出し本体に
記録作業をおこなう


161002 (5)

世代を感じさせるCD達(爆)
いや、私が最初に音楽を聞きだした頃なんてまだCDなんか普及しておらず
BOOWYのアルバムなんてLPかカセットテープで買っていたんだぞ!
その後ビクターから出たCDラジカセのキャッチコピーは重低音が
バクチクするでBOOWYの同郷後輩のBUCK-TICKがCMに出てました
古き良き時代ですね


161002 (8)

話を戻して1500ccなのでエンジンはめちゃくちゃ小さいです
このエンジンのお陰で広大なキャビンが確保出来たんでしょう
技術者ではないので良くわかりませんが前に乗っていた
CDアコードSOHCVTECより吸気口も明らかに大きいです


161002 (9)

ヘッドカバーにVTECTURBO!

前モデルのステップワゴンはSOHCのキャリーオーバーだったけど
今回新世代エンジン、アースドリームステクノロジーが間に合いました
やはり機械科出身メカ好きの自分への訴求ポイントになったのは確かです


161002 (7)

ホイールは即エンケイ18インチに45タイヤを入れようかな思っていましたが
標準のグッドイヤー・エフィシエントグリップがロードノイズも少なく快適なので
磨り減るまで16インチのこれで我慢しても良いかなと考え直しました
擦り減って次回交換の際には即18インチ行きますけど(笑)


161002 (10)

今日は上の娘と一緒でしたが終始ご機嫌でした

スポンサーサイト

PageTop