絵日記 小林可夢偉を応援するBLOG 430セドリック
FC2ブログ

小林可夢偉を応援するBLOG

1987年からF1を見ているオッサンです

430セドリック


※1982年後期仕様430セドリック 画像はアオシマHPから

amazonを見ていると430セドリックとY30セドリックのプラモデルが
アオシマから再発されているではないか
どちらも幼少の頃大好きであったクルマである
当時430はパーソナルカーでは最大排気量の2800ccで
車体も当時幼稚園の自分から見たらとても大きく迫力があったのを覚えている
ジャック・ニクラウスがCMで宣伝していたと記憶する
好きな要因は当時大人気テレビ西部警察で430セダンが劇用車として頻繁に
露出していたメディアの影響が大きい
後期仕様ハードトップなんて日本車初のボディ同色のカラーバンパーでしびれまくった!(笑)
(当時街中を走っている70年代のクルマはまだメッキバンパーが主流だった)

41xkckfnhXL__SX342_.jpg
※1983年前期期仕様のY30セドリック 画像はアオシマHPから

そして外見は430のキープコンセプトのまま83年にフルモデルチェンジしたのがY30
エンジンは直6からV6になりフロントグリルとカラーバンパーも更にごつくなる
CMは二谷英明
Y30のホワイトはトヨタのスーパーホワイトが出る前でとてもベージュっぽいクリーム色だった
近所に住む土建屋の社長が乗っていて小学校の帰りにわざわざ遠回りしてまで
見て帰ったのが懐かしい
なにせ当時3ナンバーの税額が物凄く高く今みたいに普及していない時代だったので
3ナンバーのセドリックやクラウン、ソアラは本当に珍しかった
ちょっとした小金持ちは5ナンバーのセドリック2000SGLターボか
S12クラウンは2000ロイヤルサルーンかSC搭載のアスリートだったんよね

物心着いた時から新聞を読むよう教えられクルマの広告が楽しみで仕方なかった年頃
1983年にS12クラウンが発売されたプレスリリースは今でも覚えており当時の価格は
ロイヤルサルーン2000が333万円
ロイヤルサルーン2800が383万円 だったと思う

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する