絵日記 小林可夢偉を応援するBLOG 試乗してきました
FC2ブログ

小林可夢偉を応援するBLOG

1987年からF1を見ているオッサンです

試乗してきました

inp07.jpg

                      写真はCarWatch岡本幸一郎氏のインプレッション記事より


先々週思い立って行った家の近所のスバルとマツダはどちらも試乗車が無かった
とりあえず乗ってみないとわからないのでCX-5の2リッターガソリンとインプレッサスポーツの
試乗車がある店を検索してみたところどちらも職場近くのディーラーに試乗車があるではないか
CX-5はマイナーチェンジで主流が2.5リッターにシフトしたら2リッターの試乗車が無くなって
しまいそうだし2リッターのガソリン車が試乗できるうちにとりあえず乗っておこうという
目論見である


試乗レポは絶対に当日に紙や記録に書いて残しておいたほうが良い
これは多くの方がネットで書いているように人間の脳は化学反応の如く日が経てば
感動も嫌な事も徐々に角が取れて曖昧になってしまうのらいしい
だから取り急ぎ書いておこうとBLOGを開いたわけなんです

まず最初に乗ったインプレッサスポーツ
候補の最上級グレードの2.0i-sアイサイトB型です(私の候補はC型FFですが)
誓約書にサインして営業マンさんが助手席に乗り込み試乗スタートなんですが
コースを全て指示される・・・しかもディーラーの周りを距離で2km時間で2分~3分程度?
めっちゃ少なかったんですがそれでも走りは上々!基本性能の高さは直ぐにわかりましたよ
路面に吸い付くような乗り味は素晴らしい!昔アコードで17インチ扁平45タイヤを履かせていた時
ロードノイズも振動も凄かったのにインプレッサは全く騒音振動を感じない素晴らしい足回り!
アイドリングストップから始動する時若干の振動と騒音を感じるとネガな意見を聞いたことが
ありましたがそんなのも全然感じませんでした 技術の進歩をしみじみと感じる!
室内高も低いのに何故か開放感がある車内もいい、嫁も部分皮シートが気に入ったとの事
ディーラーが見えてきた最後の直線でねずみと後方追従車に気をつけつつ営業マンもビックリの
アクセル全開をしましたがめっちゃ静かで素早い加速!これめっさええやん高級車の走りやん!
社用車でベルタのCVTに乗っているんですがベルタのCVTって回転と加速がシンクロせず常に
違和感を感じるしアクセルを開けたときに加速が始まるまでラグがあり凄くロスを感じるんですよ
それが全然無く素晴らしい乗り味でしたよ
今度のC型では吸音材の追加とロッカーアーム等の改良で更に静かになるのも高ポイントです

続いてマツダへ



cx13_l.jpg

                                         写真はCarWatchより

CX-5の試乗も候補の20SガソリンFFモデルです
マイナーチェンジで20Sのディスチャージがしれっと4万程値上げしていますが
スマートシティブレーキサポートが4万円で着いたと考えたら安いもんでしょう



P2013091040727.jpg


XDは私的にフロントヘビーだし1.5tを超えているのが何よりダメ、重い車はNGです
ノーズが軽く軽快に走るガソリンFFモデルの方が私の走りに合っているんです
マツダの試乗は電話予約はしていたものの誓約書とか何も無くいきなりどうぞ的なラフなもの
営業マンさんも助手席に乗りますが基本的にコースは自由
たまたま今回走ったルートは休日と相まって混んでいたのでエンジンを回せませんでしたが
それでもこちらも十分良さはわかりました
まずインプレッサに比べ圧倒的アドバンテージである室内高の高い広い室内空間
特に後方座席の広さは圧倒的で嫁は広さを絶賛する
運転席のアイポイントが高いから運転もしやすい
そしてロックアップが早く直結感のある素晴らしい6速AT
エンジンはインプレッサのフィーリングの方が好みだがCX-5の2リッターも加速は
常に1500回転位で静かでパワーも必要十分
足回りも良いが足回りの安定感はやはりインプレッサか
レーンチェンジで車高の高さから少しヨレを感じる
しかしアイドリングストップからの立ち上がりはマツダの方が静かで速い
そして試乗中思いもやらぬ副産物も

信号待ちで停車中CX-5は結構人々の視線を感じる!

結構意外な優越感ですね(笑)
エンジンルームがスカスカなのは軽量化と対歩行者用の安全対策だと説明を受け
凄く関心いたしましたね、安全性能にマツダの意気込みを感じます
クラッシャブルゾーンの採用とか今の車はどんどんF1の技術がフィードバックされてますね
私の検討している2車種はどちらも衝突安全性能ファイブスター!
クラウン・セルシオ・レクサスクラスの高級車を除いた日本車で衝突安全性能には
絶対の自信がある!と営業マンさんの熱意は凄かったですから
しかし売れに売れまくっているので納車待ちが2ヶ月位あるかもしれないし値引きは・・・と
値引きには渋い返答も



P2013091040724.jpg


本日もらったMC後のカタログです
またまた娘の足が入ってきましたが・・・



P2013091040728.jpg


アテンザと同じ色がでましたね


総評
私は6:4でCX-5
嫁は絶対にインプレッサ

インプレッサのまとめ
エンジンが静かで加速フィーリングが素晴らしい
足回りも突き上げや振動が一切無い(後席の嫁170cmも狭いながらも乗り心地には大満足)
2.0i-sは部分皮シートでインパネも良く内装に高級感がある
室内幅が広いが後席室内高は170cmでギリギリOK欲を言えばもう少し欲しい?
アイサイトはAWDしか着けれない(プラス約10万)割り切って切り捨てるか?
200万ちょっとで300万するBMWとかVWのコンパクトモデルと何ら変わらない性能?
皮シートと静かな車内でまるで高級車に乗っているよう(嫁談)

CX-5のまとめ
SUVは車高が高く独特の優越感がある
エンジンは静かで悪くないがフィーリングはインプの方が上
乗り味もインプの方が上
しかしミッションは6速ATは直結感が素晴らしくこれはこっちの方が良い
室内は広く文句無し
内装はシートは良いがインパネに高級感は全然無し
サイドエアバッグ標準装備にマツダの良心を感じる
時速30km以下でしか作動しないがスマートシティブレーキサポートが事実上4万で標準装備
人気車なので走っていて結構視線を感じる◎
話のあちこちに売れているので値引きに渋そうな強気なニュアンスが×
インプより広いのは良いがインプの方が静かで内装が高級車っぽくていい(嫁談)

まあどちらにせよ今回の試乗でどちらを買っても後悔の無い
この2車種に候補は絞られましたね

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する